利息制限法について 金融辞典
キャッシングローン比較情報

利息制限法とはなんなのか キャッシング金融用語辞典

利息制限法について

FAQ一覧 / お申し込み関連 / 返済関連 / 個人情報関連 / 悪徳業者関連 / 金融法律関連
キャッシング用語一覧 / あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行

利息制限法(リソクセイゲンホウ)とは
昭和29年に高利の取り締まりを目的に制定された金利水準の上限を定めた民法のことで、契約として有効な上限金利を定めている。元金が100万円以上は年15%、元金が10万円以上100万円未満は年18%、元金が10万円未満は年20%として定められています。金銭を目的とする消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料その他何らの名義をもつてするを問わず、利息とみなすともされています。延滞した場合の遅延損害金については、債務の不履行による賠償額の嵐閧ヘその賠償額の元本に対する割合が1.46倍を超えるときは、その超過部分につき無効とするとされています。


関連・類似用語一覧

関連するよくある質問FAQ一覧